【コロナウイルス対策でリモートワークを導入】dcWORKSの働き方の今

こんにちは、dcWORKSエンジニアの河原田です。

弊社ではコロナウイルス感染拡大防止のため、4/6~リモートワークを実施しています。

緊急事態宣言が発令されている間はフルリモートで実施していましたが、解除されてからは各プロジェクトで日程をずらし、週2回のペースで出社をしています。

今回はそんな弊社のリモートワーク環境を紹介していきたいと思います!

リモートワークで利用しているツールや環境

弊社のリモートワークは以下のような環境で行っています。

  1. リモートワークはプロデューサー、ディレクター、デザイナー、エンジニアが対象
  2. PCは支給されているMacのノートPCを使用
  3. コミュニケーションは基本的にSlackを利用。
  4. 社内のオンライン会議はGoogle Hangouts Meet、Discordを利用。
  5. データの受け渡しはGoogle ドキュメントやスプレッドシートなどcloudシステムを利用。
  6. 勤怠管理は社内のbacklogを利用。


dcWORKSにはプロデューサー/ディレクター/デザイナー/エンジニア/管理の5つの職種があり、リモートワークは管理以外が対象となっています。

PCは入社と同時にMacBook Proが支給されるので、リモートワークでも同じPCを持ち帰って使用しています。僕はエンジニアなので、仕事で利用するものは基本的にPCだけ。
利用しているツールも一部社内のネットワークでしか使えないものがありますが、VPN(離れた場所でも社内のネットを使える仕組み)を利用しています。
そういった背景もあり、リモートワークへの移行はかなりスムーズに行え、個々が行う業務は出社して働いている状態とほぼ変わらない環境で、仕事を進めることができている印象です。

ただ業務とは別に、リモートワークで変わったこととしては社内でのコミュニケーションの機会が減ったなと感じています。
実際に対面で会うことがないのでコミュニケーションが減るのは当たり前。リモートワークの前は、今までは朝出社後や業務の間にちょろっと週末のことを話したり、ランチに行って別プロジェクトの人とコミュニケーションを取る時間がありました。しかしリモートワークになったことで顔を合わせていた時に何気なく行っていた雑談の機会がなくなりました。

実際にリモートワーク中に行われたリモートワークの良い・悪い所を調査したアンケートでは、コミュニケーションに関してこんな声がありました。

「会話がプロジェクトメンバー単位だけになって寂しい」
「出社時と比べてチーム間のコミュニケーション(特に雑談)が減ってる」
「昼食が寂しい」
「一人空間に飽きる」
「新入社員の教育がしにくい」

他にもコミュニケーションに注目した意見が多く、チームの関わりを考えているあたりが、dcWORKSらしくて良いなと思いました。

こういったコミュニケーション不足の解決に一役買ってくれているのが、リモートワークをきっかけに新しく導入された「Discord」という無料ボイスチャットアプリです。

Discordは複数人で音声通話やビデオ通話、画面共有ができます。弊社ではプロジェクトごと、チームごとにチャットルームを作っているので、業務中は自身が担当するプロジェクトのチャットルームに入っておくことで、いつでも好きな時にメンバーと会話することが可能です。

このDiscordによって、完全にコミュニケーション不足が解消された訳ではありませんが、テキストでなくちょっと話をして解決したい問題や情報共有がやりやすくなったと思います。


メンバー発信の不便さを解消する取り組み

また、その他にもメンバー発信でリモートワークの不便さを解消するために、様々な取り組みをしています。

Workout部の活動

このリモートワークをきっかけに立ち上がったのがWorkout部です。在宅ワークの運動不足の解消と、異なるプロジェクトメンバーとのコミュニケーションを目的に、夕方に10分程度の運動をするものです。

緊急事態宣言が解除されてからも、出社組とリモート組で一緒になってワークアウトをしています。

1人だとなかなか習慣化しにくいことも、集まると習慣化しやすいですね!
オフィスで仕事をしている状態から、一斉に運動してまた仕事に戻る絵は非常にシュールでとても好きです。

オンライン飲み会・人狼会

※画面キャプチャのため画質が荒くなってしまっております。

また定期的に終業後にオンライン飲み会や人狼会を行っています。
どちらもGoogle Hangouts Meetを使って家からの乾杯です。

※画面キャプチャのため画質が荒くなってしまっております。

もともと、私は社内で人狼ゲームをやったことはなかったのですが(※少し前には実施していたそうです)、在宅になって初めてオンライン人狼会をやってみて、普段からこういった会を定期的に行い、息抜きを兼ねて社内の交流を深めていけたらなと思いました。

最後に

リモートワークに移行してみて、リモートワークでも仕事はできるけれど、社内のコミュニケーションや人との繋がりを感じるためにも出社して顔を合わせて会話することが大切だなと改めて感じています。

特にdcWORKSは前向きな人が多いので、周りにそういった人がいることでモチベーションが高まっている気もします。

コロナがどうなっていくかは予測が難しいですが、今後もリモートワークが続く可能性があることを考えると、出社して得られるメリットをリモートワークでもできるだけ得られるように、引き続き工夫しながら業務に取り組んでいきたいと思います。

dcWORKSではメンバーを常時募集しています。僕たちと一緒に人々の心を動かすものを創りませんか?
今なら就職お祝い金プレゼントキャンペーンを実施中です。ぜひご応募ください。

募集要項はこちら

お気軽に
お問い合わせください。

CONTACT